歯を失ってお困りの方へ  インプラント・入れ歯・ブリッジの違い

歯を失っても、「噛む」幸せをサポートします

 当院では、状況・ご要望に合わせた治療を行っています。

インプラント

インプラントとは、人工歯根(インプラント体)を歯が無くなった箇所に埋め込み、天然歯と同等の機能を有するようにする治療のことで、最も優位性が高く優れた治療法と言われています。
ブリッジにより健康な歯を削りたくない方、入れ歯に違和感がある方、入れ歯が動いてしまい噛みにくい方におすすめです。

 

治療費のめやす・・・1歯につき¥250,000~
※顎の骨の状態、使用する人工歯の材質により金額は異なります。

インプラントのメリットとデメリット

○ メリット
・いつでも安定した噛み合わせを保てるようになる。
・本物の歯のように噛めるようになる。
・見た目が自然で美しい。
・失った歯が多くても噛む力が回復する。
・きちんとしたメンテナンスを行えば数十年維持できる。

× デメリット
・治療期間が長期になる場合がある。
・歯の状態によっては手術不可の場合がある。
・比較的費用が高額になる。

その他の治療法との違い

審美性
噛む力
口内衛生 優れている(要お手入れ)
耐久性 優れている(要お手入れ)
健康な歯を削る なし
違和感 なし
顎骨がやせる なし
手術 有り (抜歯程度)
費用 自由診療 1歯につき、\250,000~
治療期間 通常6~24週間程度

ブリッジ

抜けてしまった歯の両隣の歯を削って土台にし、間に人工の歯を入れて橋を渡すようにして修復する治療法です。固定式の義歯で、比較的装着感もよく、入れ歯と比較すると見た目もよくしっかり噛む事ができます。セラミックを使う場合は自由診療となります。
両隣の天然歯を削らなければいけないというデメリットがあります。

その他の治療法との違い

審美性
噛む力
口内衛生 不衛生になりやすい
耐久性 両隣の歯に負担がかかる
健康な歯を削る 両隣の歯を削る
違和感 少ない
顎骨がやせる やせる事がある
手術 なし
費用 保険診療も可 自費の場合、\100,000~
治療期間 2~3週間

入れ歯

入れ歯とは、失ってしまった歯と歯茎を人工物で作った着脱式の装置の事を指します。
入れ歯は部位を選ばず治療が可能ですが、保険診療の入れ歯は樹脂製で厚みがあり装着時に違和感が大きく、また熱さ冷たさが伝わりにくいという欠点もあります。
その欠点を解消するために、丈夫な金属を使いより薄く作る事を可能にした入れ歯も自由診療で作成できます。
また、残っている歯に引っ掛ける金具等が目立って気になる場合も、自由診療では審美性に優れた入れ歯を作ることができます。
使用感の差はかなり大きいため、自費で作り直すことで入れ歯の使用感は大きく変わってきます。自由診療では、さまざまな種類の義歯の中から、患者さまの生活習慣や使用感のお好みにあわせ、最もよいものを提案させていただくことも出来ます。

その他の治療法との違い

審美性
噛む力
口内衛生 不衛生になりやすい
耐久性 生活習慣等により、合わなくなる事がある
健康な歯を削る 少し削る場合がある
違和感 有り
顎骨がやせる やせる
手術 なし
費用 保険診療も可 自費の場合、\150,000~
治療期間 2週間~2ヵ月
治療法インプラント入れ歯ブリッジ
インプラント 入れ歯 ブリッジ
審美性
噛む力
口内衛生 優れる(手入れ要) 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
耐久性 優れる(手入れ要) 合わなくなることが多い 両隣の歯に負担
健康な歯を削る なし 少し削る場合がある 両隣の歯を削る
違和感 なし 有り 少ない
顎骨がやせる なし やせる やせる事がある
手術 有り(抜歯程度) なし なし
診療形態 自由診療 保険診療
見映えのよいものについては自由診療
保険診療
見映えのよいものについては自由診療
治療期間 通常6~24週間程度 2週間~2カ月 2~3週間
なかよし歯科 092-957-0577
bn_bottom_pc.png
bn_bottom_sp.png
院へのアクセス スタッフブログ
歯を失ってお困りの方へ 料金表
私たちと一緒に働きませんか?求人情報