一般診療

一般的な治療から高度治療まで、「健康な歯」のためにできることを

虫歯治療

歯は一度抜いたり削ったりしたら元に戻せません。当院ではできるだけ歯を残す治療を行っています。
さらに、最新機器の導入、治療方法や時間の工夫、効果的な薬剤の投与等により、なるべく痛くない、患者さまの心身のご負担にならない治療を心がけています。
「なるべく痛くない」治療のためにも重要なのが、患者さまの緊張を和らげること。スタッフ一同の明るい笑顔と迅速な処置で、患者さまから「痛くなかった」「治療が楽だった」との評価を受けています。

根管治療

虫歯が進行して神経まで達すると、神経に細菌が入って化膿してしまい、歯の神経を抜かなければならなくなります。そこで実施しているのが根管治療です。根管とは、歯の神経が入っている直径1ミリメートル以下の管のこと。具体的には、針のような細いヤスリを使って管の清掃・消毒を何度か繰り返し、最終的に完全に密閉します。これにより、ご自身の歯を残すことができるようになるのです。
根管治療は保険適応で行われていますが、高い技術と時間と患者様の根気が必要です。当院の歯科医師は根管治療を得意としており、豊富な実績があります。

歯周病治療

歯周病は気づかないうちに進行することが多く、末期の症状になると、歯が自然と抜け落ちてしまうこともあります。
病状と自覚症状がマッチしない病気で、気付いたときには病状が進んでいる場合が多くあります。できるだけ早く治療を開始することが大切です。
次の項目で歯周病の兆候がないか、チェックしてください。このうち一つでも当てはまる場合は、歯周病の可能性が考えられます。

歯を磨くと歯茎から出血する

健康な歯茎はどんなによく歯を磨いても、傷つけない限り、出血することはありません。痛みがないのに血が出る場合、歯周病のサインです。

口臭が気になる

歯周病が進むと、歯と歯茎の間に歯周ポケットができ、ここに歯周病菌等が生息することで、口臭の原因となる場合があります。※口臭は他の原因の場合もあります。

硬いものが噛めなくなった

歯周病になると、歯周ポケットが深くなってきます。これは、歯を支える歯槽骨が破壊され、溶けた結果です。歯茎もゆるくなって歯を支えきれず、硬いものを噛めなくなってしまいます。

歯が長くなったように見える

歯周病によって歯槽骨の一部が破壊されると、骨の位置が下がり、それとともに歯茎の位置も下がってきます。歯周病で歯茎の位置が下がってしまうと二度と元には戻りません。

疲れると歯茎が腫れる

歯周病が進行した状態で、寝不足や疲れ、ストレスなどで体調を崩すと、それまで自覚症状のなかった歯周病が一気に急性化し、歯茎の腫れなどの症状が表面化する場合があります。

歯がグラグラする

歯周病の末期的症状は、歯がグラグラになってしまうことです。歯を残せるかどうかは症状の進行度にもよりますのでまずは検査をお勧めします。

根管治療

虫歯が進行して神経まで達すると、神経に細菌が入って化膿してしまい、歯の神経を抜かなければならなくなります。
そこで実施しているのが根管治療です。
根管とは、歯の神経が入っている直径1ミリメートル以下の管のこと。具体的には、針のような細いヤスリを使って管の清掃・消毒を何度か繰り返し、最終的に完全に密閉します。これにより、ご自身の歯を残すことができるようになるのです。
歯を残すためには重要な治療で、当院では力を入れて行なっています。

親知らずの抜歯

当院では埋まっている親知らずの抜歯も行っています。
難症例の場合は責任をもって専門の病院をご紹介しますので、ご安心ください。

小児歯科

虫歯治療

お子さまが怖がらずに治療を受けられるように、なるべく痛くない治療を行っています。スタッフ一同が、小さなお子さまが怖がらないように、常に優しく笑顔で話しかけるように心がけています。初めは泣いていたお子さまも、慣れてくると自分からお口を開けてくれるようになります。
また、子連れのお母さまが安心して診療を受けられるよう、診察台の横にキッズスペースも設けました。

虫歯治療

お子さまが怖がらずに治療を受けられるように、なるべく痛くない治療を行っています。スタッフ一同が、小さなお子さまが怖がらないように、常に優しく笑顔で話しかけるように心がけています。初めは泣いていたお子さまも、慣れてくると自分からお口を開けてくれるようになります。
また、子連れのお母さまが安心して診療を受けられるよう、診察台の横にキッズスペースも設けました。

予防歯科

究極の無痛治療はお子さまを虫歯にさせないことです。当院では、お子さまの虫歯予防に力を入れ、専門のスタッフが定期検診や歯磨き指導等に積極的に取り組んでいます。

予防歯科

究極の無痛治療はお子さまを虫歯にさせないことです。当院では、お子さまの虫歯予防に力を入れ、フッ素やシーラントを用いた予防治療を行います。
また、専門のスタッフが定期検診や歯磨き指導等に積極的に取り組んでいます。

フッ素による予防・・・フッ素には歯を酸に強くする性質があります。フッ素を定期的に繰り返し歯に塗布することにより、フッ素で歯をコーティングして虫歯になりにくい歯を作ります。

シーラント・・・比較的虫歯になりやすい奥歯の溝の部分にフッ素入りの樹脂を流し込んで食べ物が詰まるリスクを下げ、その部分を虫歯になりづらくする方法です。

なかよし歯科 092-957-0577
bn_bottom_pc.png
bn_bottom_sp.png
院へのアクセス スタッフブログ
歯を失ってお困りの方へ 料金表
私たちと一緒に働きませんか?求人情報